LOHASなくらし

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから8年・・・

<<   作成日時 : 2008/02/11 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

ちょっと長くなりますが〜。
私のトラウマ。
それはセキセイの女の子をお迎えすること。

もちろん、ヒナの時は性別は判断しにくいから
100%ってことはないけど、くーみるも「男の子?」って思って
お迎えしたました。

私が昔飼っていた、あんなちゃん

画像


あんなちゃんより先に男の子を飼っていたので
ツガイにさせようとペットショップに行って
おっちゃんに女の子はどの子?って聞いたら
この子は多分女の子やって言うからお迎えにいたりました。

おっちゃんの言うとおり女の子やったけど
気が荒くて先住の子が逃げるから
結局ツガイには出来なかったけど。

でも、ちゃんと手乗りとして育ってとっても可愛いかった

そんなあんなちゃんは8年前の今日6歳と4ヶ月で亡くなりました。
それも私が数日家を留守にしてる間に。。。
原因は卵詰まり
様子がおかしいから母が病院に連れて行ってくれて
たまごは出たらしいけど手遅れやったって・・・
6年間一度も卵を産んだことなかったから
こんなことになるなんて想像もしてなかった。。。

母から携帯に電話があって「あんなちゃん死んだ・・・」って聞いた時
一瞬何が何だか分からずとりあえず号泣したのを覚えてます。
今でも思い出すと涙×2っていうか今も泣いてます
すぐにでも帰りたかったけど一人じゃないので帰れず。
結局あんなちゃんに会えたのは数日後、庭のお墓で・・・

6年間産まなかったからなんて言い訳。
今思えば、ちゃんと毎日体重を量ったり
健診に行ったり健康管理していれば・・・
亡くなったのは100%私のせい。
亡くならなくてもよかったあんなちゃん。
当時の私はちゃんとお世話してるつもりやったけど
健診なんて連れて行ったことがないどころか
鳥専門の病院が存在することも知らんかった。

とにかく今でも後悔だらけ。
ちゃんと健康管理してあげれてなかったうえに
最期も一緒にいてあげられなくて。
一体私は何してたんやろ・・・

だから、未だに女の子をお迎えする勇気がない&自信がない。

あんなちゃん、怒ってるやろな〜。
もしかしたら、私が家を出る時既にしんどかったかもな〜。
ごめんじゃすまないけど、あんなちゃんには申し訳なさで一杯。
もう一度手に乗せてちゃんと謝りたい。。。
いつか会って謝れるかな?

ごめんね。あんなちゃん。

***********************************************************************

あんなちゃんの思い出の写真

今みたいにデジカメじゃなかったから、写真も数えるほどしかなく
色も色あせてきてたから少し前にスキャンして保存したものです。

お迎え4日目のさし餌
そのうがパンパンで可愛かった

画像


お兄ちゃんと初対面
2人とも興味津々

画像


ダイニングのライト
高い所が好きでよく電気に止まってたね〜

画像


お兄ちゃんと一緒にネンネ

画像


お兄ちゃんをお誘い
あんなちゃんはお兄ちゃんのこと好きやったんかな?

画像


落ちてた輪ゴムをかぶっておすまし
(ホントはこんなことあったらアカンね)

画像


何故かブランコを落として止まり木に引っかかった
ブランコの鈴で遊ぶのが好きやった

画像


クリスマスを一緒に過ごして

画像


お正月も一緒

画像


たまにおすまし顔

画像


お兄ちゃんと一緒にカメラ目線

画像


いちご大好き

画像


そして、水浴びもだ〜い好き
こんなちっちゃい水入れでも、よくチャプチャプしてた。

画像


そして、これが最後の写真。
亡くなる1ヵ月前のあんなちゃん。

画像


ホンマやったら、もっともっと遊べたのにね。
ごめんね。
いつかまた会えたらちゃんと謝るから一緒に遊んでね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そうですか・・
女の子を亡くされているんですね。
私はヒナッピを育てることがトラウマなんですよ・・・
続けて二羽も亡くしているんです。
お互い旅立った子に教えてもらったことを生かして頑張りましょう!
メールしていますので又ご覧ください。

ピーヤンママ
URL
2008/02/11 15:15
こんにちは。
体調崩されました?まずはお大事に!!
あんなちゃんもお兄ちゃんも綺麗なブルーのかわいい子ですね。こういう時って色んな要素がたまたま重なってしまったんじゃないかな・・・
あんなちゃん、きっと怒ってなんかいないですよ。
yuttanさん、早く元気になってくださいね!
WOODSTOCK
URL
2008/02/11 16:23
yuttanさん、昔そういうことがあったのですねー…
かくいう私も、不注意で、っていうことがありました。
子供の頃からいつも飼っていたので何度も…
昔、何かのヒモがカゴの中に垂れ下がっていて、それで遊んでいて首を吊ってしまった子がいて、以来、ヒモ恐怖です。
なので、おせっかいでも、ヒモを使ってた人に「気をつけてね」って言ってしまったこともあったり…

誰でも、仕方のなかったことや、残念だったことは色々あると思いますが、その経験を生かすことがせめてもの償いになるのかなと思います。
あんなちゃん、美人さんでしたねー。
Pipi
URL
2008/02/11 18:12
yuttanさんまずはゆっくり寝ることが一番!
早く元気になってね〜!!
yuttanさんのインコルーツが少しづつわかるようになって嬉しいわ。
色々な経験をしてきたからこそ今があるんだもんね。
くーちゃんもみるちゃんも今はyuttanママと暮らせて幸せ感じてると思うよ。
私もただたんに可愛いからって飼ってしまった一人で読んでて身につまされる感じでした。
あんなちゃんもこんなに愛されて絶対にyuttanさんが大好きだったはず。
私もこれからしっかりと健康管理してあげないといい飼い主って言えないね。
また元気なyuttanさんに戻ってきてね〜。
kazu
2008/02/11 19:02
yuttanさん 大丈夫ですか〜
ゆっくり休んでくださいね
あんなちゃん
きっと幸せだったと思いますよ
私もいつかインコたちとの別れがやってくるかと思うとすごく怖いです だから、今を大事にしたいな〜って思います。
yuttanさん ありがとう〜あんなちゃんとの思い出を書くことはすごく辛かったことですよね
そんなあんなちゃんの分まで、チロリはがんばるからね〜
yuttanさん 元気になってね
chiropi
2008/02/11 21:55
そんな事があったんだ〜。
お気持ちは解ります。
私もココアを亡くした時あの時ああしたら・・・とか、こうしたら・・・とかとても悔みました。
うちはたった1か月しか生きさせてあげられなくてこれからという時だったので・・・。
でもね、別れがやってきても、その間愛情たっぷりで沢山の思い出を作る事ができたのだからあんなちゃんは幸せだったと思いますよ。
yuttanさんはくーちゃん、みるちゃんの健康管理は凄くきっちりされてるのでとても素晴らしい飼い主だと思います。


namilyn
2008/02/11 23:25
yuttanさん、とてもお辛い経験をされていたのですね。
あんなちゃんの写真とコメントを読んでいて涙が出てしまいました。
実は去年、私もインコの女の子を亡くしました。原因は産卵後のトラブルによるものでした。たまごは無事に産んだのですがその後急激に体調が悪化し病院に連れて行きましたが間に合いませんでした。
yuttanさんのお気持ちよくわかります。
私も去年の件があって以来メスの対応にびくびくするようになりました。

いつもブログを読ませていただき、くーちゃんみるちゃんへのお世話の様子や愛情の注ぎ方に私はとても感動しましたし見習いたいと思っています。
あんなちゃんには悔やまれる想いがあると思いますが今のyuttanさんをあんなちゃんはきっと喜んでいるのではないかと思います☆
今いる子たちに精一杯の愛情を注いであげることが旅立った子達への供養になるのでは…と私は考えています。
あんなちゃんを思って苦しいお気持ちになった時はくーちゃんみるちゃんに甘えてくださいね♪

りさら@
2008/02/12 00:09
うわ〜・・・ビックリしました!!
丁度わたしも、ブログに亡くなったピイちゃんの事をUPしていて、その写真の中に輪ゴムを首につけたものも有ったので・・!!
そして、♀インコを飼うことはわたしもトラウマになっています。。
キュウをお迎えするときも、小さすぎて性別が分からないとショップの人に言われていたんですが、なんとな〜く「♂っぽいよね」と思ってお迎えを決めました。
結局、このカンは間違っていたんですけどね・・(笑)

わたしは、ピイちゃんを2歳という若さで
卵詰りで亡くしてしまったんですが、
その時に病院の先生から「2歳を過ぎてから初めて卵を産むって言う事は、凄くリスクを伴います。この子に何らかのホルモン異常がある可能性が高い。。産むならば、1歳程度の時に初産していないと・・」と言われました。
あんなちゃんも、生後6年経って初めて卵を産むことになって体が対応しきれなかったのかもしれませんね。。

続く
nami+nami
URL
2008/02/12 09:52
インコさんは体が小さいこともあって、
特に♀の場合は心配が絶えません・・
♂なら「何とか根性で頑張れ〜」と言えるところでも、♀の場合は「女の子なのに・・」「可哀相に・・」とこちらまで必要以上にメソメソしてしまうというか。。

あんなちゃんの貴重なお写真を
拝見させて頂いてありがとうございました!
あんなちゃんはきっと天国で楽しく生活していますね。
うちのピイちゃんとも巡り合えていたら嬉しいな〜

※コメントが長くなってしまってすみませんっ!



nami+nami
URL
2008/02/12 09:54
yuttanさん、こんにちは。
あんなちゃんの事、とても辛かったでしょうね。でも自分を責めないで下さい。あんなちゃんの写真を見れば、大切にされていたのが分かります。yuttanさんやお兄ちゃん、皆に囲まれてあんなちゃんは幸せだったと思いますよ!
そして今は沢山のお友達と一緒に、虹の橋でyuttanさんに会えるのを楽しみにしていると思います。
ちいぱっぱ
2008/02/12 13:04
yuttanさんの辛い気持よく分かります。私は鳥を飼うのは智恵ちゃんが初めてなので、まだ鳥さんとのお別れはした事はないのです。でもyuttanさんの気持はまさに私が母を亡くした気持と同じだと思いました。二年前に母を突然亡くし、私が母の世話をしてましたので、毎日毎日自分を責めてました。時間がたっても悲しい辛い気持は変わりません。私が泣いていると智恵ちゃんが飛んできて、嘴で涙をつついてくれました。母の友達にと飼った智恵ちゃんにどれだけ助けられているかしれません。毎日智恵ちゃんの可愛いお喋りで本当に慰められてます。

yuttanさんが余り悲しんでいるとくーちゃん、みるちゃんが心配しますよ。元気だしてね!
yoshiko
2008/02/12 13:13
またいつかあんなちゃんに会えると思います(〃⌒ー⌒〃) 
わたしも、インコを飼うのはぴぃちゃんが初めてではないのですが、子供の頃だったので写真がほとんどありません。。もっととっておけば良かったって思います。だから、あんなちゃんのかわいいお写真がうらやましいな♪  yuttanさん元気だしてくださいね( ^_^)/
きっと
2008/02/12 15:52
yuttanさん、こんばんわ。何だか、切ない気持ちで一杯です。うちの空ちゃんも4個卵ができて、3個は詰まってその度に入院しました。いつも柔卵で1回目の時は、病院の先生も見逃しそうになって(触っても、硬い卵の感触があまりなかった)、先生がそれでも気になって念のためにとったレントゲンでわかってすぐに入院しました。それ以来、私も卵恐怖症になって、ものすごく気をつけていました。

あんなちゃん、うちの空と同じ空色ですね!6年と少しの間でも、あんなちゃん楽しそうに過ごしていたのがわかります。私も、yuttanさんのその時の気持ちよくわかります。私も今、同じ気持ちになって・・・自分を責めてるところがあるからです。だけど、そんな思いをしてるから、今の子供たちを大切に育てることができるんじゃないかな?子供たちとの楽しい時間を誰よりも大切にすることができるんじゃないかな?と思います。
あんなちゃんは結構生まれ変わって、yuttanさんちにいるのかも知れませんよ。ほら、目の前にっ!
ハナ
URL
2008/02/12 20:28
ピーヤンママさん、メールありがとうございました!
散策頑張ります〜^^
ピーヤンママさんでもトラウマってあるんですね。
鳥さんについて詳しいのに〜。
私はダメダメですが・・・
確かにあんなちゃんのおかげで知ったこともたーくさんあるしそれを活かしてお世話していこうと思います。
yuttan
2008/02/13 09:15
WOODSTOCKさん、ありがとうございます!
本調子ではないけど、ほぼ復活です♪
3連休の頭から握力がなくなっててだるいし、フライパンや食器持ってても何回も落としそうになって、なんてか弱いんやろ!って思ってたら熱の前兆でした^^;
そんなか弱いわけないか・・・

あんなちゃんとちいなくん(お兄ちゃん)はホント可愛い子でした♪
こんなことになっちゃったけど、私なりにお世話をした初めての子達でした。
それまでにも絶えず家にセキセイはいたんですけどね。
あんなちゃん、怒ってないかな〜。
そう思いたいけど・・・
yuttan
2008/02/13 09:25
Pipiさん、おはようございます!
Pipiさんも色々経験があるんですね。
私もこの2羽より前にも常にセキセイはうちにいたんですけど、手乗りとして自分で育てたのはこの2羽が初めてでした。
この2羽より前にいた子達は私も幼稚園〜小学生だったのであまり記憶にないけど、名前はみーんな「ピーちゃん○号」なうえ、猫にやられちゃった子達もいるらしいです。
その中には女の子もいてちゃんと卵を産んだ子もいました。

あんなちゃんを亡くしてから一杯分かったこともあるし、それを今いる子達に活かしていこうと思います!
そのうち女の子をお迎え出来るといいな〜。
くーみるが本当に男の子だった時は、やっぱりまだ自分にはムリってことかな?って思いました^^;

あんなちゃんを美人さんって言ってくださってありがとうございます!
かなりオテンバ娘でしたが〜^^
yuttan
2008/02/13 09:37
kazuさん、心配してくれてありがとー♪
なんとか復活!しました^^
あんなちゃんのことはね、自分なりちゃんとお世話してるつもりやったけど、「つもり」やった。
掃除したりご飯あげたり遊んだりするだけがお世話じゃないのに・・・
ホンマだめだめ飼い主やったな。
あんなちゃんのお蔭でそのことに気づけたのかも。
でも、やっぱりあんなちゃんには申し訳なさで一杯。きっとこの気持ちは何があっても一生変わらへんやろな〜。
とにかく、今いるくーみるには少しでもこの経験を活かしてお世話しないとね♪
お互い頑張りましょ^^
yuttan
2008/02/13 09:45
chiropiさん、心配してれてありがとーございます♪
あんなちゃんとの別れとお兄ちゃん(ちいな)の別れと私の中では全然違うんですよね〜。
もちろん、2人とも悲しいのは同じだし、あーすればよかったとか思うこともあるけど。
ちいなの方は良い意味で自分の中でお別れ出来てるというか・・・

チロリちゃんや女の子を見ると、どうしてもあんなちゃんを思い出します。
たまごとかって話になると、関係ないのにPC前でドキドキしたり^^;(アホやね)
チロリちゃんにはホントあんなちゃんの分も元気で頑張ってほしいな〜^^

chiropiさん、優しいコメントありがとう♪
yuttan
2008/02/13 09:55
namilynさん、おはようございます♪
愛情一杯。
その時はそのつもりだったんですけどね。
でも今思えばそれは愛情「一杯」ではなかったって思ってしまうんです。
健康管理も出来てないのに何が愛情!?って。
でも、そう気づかせてくれたのはあんなちゃんがいたからかな〜。
だから、せめてくーみるにはあんなちゃんのことで後悔してることはやろう!って思ってます^^
あんなちゃんが幸せだったと思ってくれてたらいいな〜。
yuttan
2008/02/13 10:01
りさら@さんも女の子亡くされてたんですね。
それも産卵後に・・・
女の子にとって卵は命がけですね。
でも、りさら@さんはちゃんとお世話してるから〜。
私は出来ずに亡くしたから情けなくて・・・

でも、それに気づかせてくれたののもあんなちゃん。
だから、せめて今出来ることはくーみるにしたいとは思ってます。
まだまだですけどね〜^^;
とにかくいつかあんなちゃんに会いたいな〜♪
yuttan
2008/02/13 10:10
こんにちは。
yuttanさんにもそんなお辛い経験があったんですね。
私も子供のころ拾ったインコをきっかけに10羽ほどのセキセイインコを飼ってきました。
すべて成鳥からのお迎えだったたので慣れてくれない子もいました。
卵を産んだ子はそのうちの一羽だけでしたが、
子供だった私はあまり関心がなく、よく覚えていません。
でも今は違います。
ココちゃんがメスだと知ってちょっと不安に思っています。
読んでいてドキドキしてしまいました。
あんなちゃんのことは不可抗力だったと思います。
今後、どうなるかなんて誰にもわからないことなので自分を責めないで下さいね。
生き物を飼う以上、いつかは必ず訪れる事・・・
少し早かったかもしれないけどyuttanさんと過ごした6年はあんなちゃんにとってきっと幸せだったはずです。
あんなちゃんの分まで今そばにいてくれるくーみるちゃんの事をみてあげて下さいね。
あんなちゃんもきっとそう言ってると思いますよ。



piko
2008/02/13 10:14
nami+namiさん、おはようございます。
ピイちゃん、本当に輪ゴムかぶってますね!
種類も一緒だし輪ゴムかぶってるし何か笑っちゃいました^^
そして、卵詰まりまで一緒。
そんなところまで一緒じゃなくていいのにね。

そっか〜。
産むなら2年以内に産まないと体がついていかないってことあるんですね。
ホルモン異常・・・
それはどう対応したらいいんやろ〜。
まだまだ勉強しないといけないこと一杯あるな〜!
男の子も心配やけど、やっぱり女の子の方が卵の分神経質になっちゃいますよね。

キュウちゃんが男の子っぽいと思って女の子だったってことは、nami+namiさんが女の子のママに成れるってことですよ〜!
私はホントに2人とも男やったから、アンタにはまだ女の子は早いで〜って言われたような気がしました^^;

あんなちゃん、今頃楽しく遊んでるかな?
そうだとうれしいな〜☆
ピイちゃんとお友達になれてますように^^

卵のこと詳しく教えてくださってありがとうございます♪
yuttan
2008/02/13 10:22
ちいぱっぱさん、ありがとうございます!
あんなちゃん、幸せやったかな〜??
「インコの手紙」読んだ時、「ぼくはあなたがキライです」ってフレーズでグサッときたんですよね〜。
あー、あんなちゃんの言葉やって。
最期を看取ることさえ出来ず・・・
でも、キライって言われても私は好きやけど^^
ちいぱっぱさんがおっしゃってくれてるように、虹の橋でお友達を遊びながら待っててくれたらうれしいな〜!
yuttan
2008/02/13 10:40
yoshikoさん、おはよーございます。
yoshikoさんもお母様のことで悔やんでることがあると思うけど、ちゃんとお世話をしてたんですから私とは違いますよ〜。
私は全然ダメダメでしたから・・・
でも、何年たっても忘れないのは同じかもしれないですね。
一生忘れることはないと思います。
あんなちゃんに出来ずに後悔してることを、今いるくーみるにはしたいと思ってます。
きっとまだまだですけどね^^;
お互い、智恵ちゃんやくーみるに助けられながら頑張らないといけないですね!
yuttan
2008/02/13 10:46
きっとさん?ってこなみさん??(違ってたらすみません)
私もね、幼稚園〜小学生の時も常にインコをうちで飼ってたけど、その子達の写真はないんですよ。
手乗りとして自分で育てたこの子達からは少しあるけど。
そう思うとそれまでの子はもっと可哀相・・・
日常のお世話も母がしてたな〜・・・
いつかその子達やあんなちゃんにちゃんと会えるように、今の子達を大切にしようと思います!
yuttan
2008/02/13 10:53
ハナさん、こんにちは。
私がインコの手紙を読んで一番に頭に思い浮かべたのがあんなちゃんです。
「ボクはあなたがきらいです」
あんなちゃんの言葉や〜って。
最期さえ看取ってあげれず。
乗り越えられてないです。
でも、あえて乗り越えようとも思ってなくてこの気持ちを忘れずにいようって思います。

ハナさんはいつもちゃんと空ちゃんの異変に気づいてあげられてたのに、私はそれを出来なかったんですよね・・・
飼い主失格です。
でも、あんなちゃんのお蔭で一杯わかったこともあるし、せめてそれを今の子達にしてあげようとは思ってます!
出来てるかどうかは・・・だけど^^;
まだまだですね!

あっ、そうそう。
実はね、あんなちゃんの生まれ変わりってみるちゃん!?って思うときありますよ〜!
性別は違うけど、性格がそっくりなんです@@
たま〜に無意識でみるちゃんのことを「あんなちゃん」って呼んじゃったり^^;(ただのアホ!?)
でも、呼び間違えるのはみるちゃんだけ。
で、くーちゃんにはお兄ちゃんやった子の名前で呼んじゃったり。
だから2人とも生まれ変わりやったりして^^
yuttan
2008/02/13 11:08
pikoさん、こんにちは!
ホント、この時は辛かったですね〜。
でも、本当に辛かったのは私じゃなくあんなちゃん。
私は自業自得やから・・・
あんなちゃんより前に飼ってた子はうちもヒナからではなく成鳥だったので、言葉悪いけど観賞用みたいなとこもありました。
だからもっと可哀相なことをしたと思うけど、あまり記憶にないんですよ。。。

女の子だとどうしても卵の分慎重になっちゃいますよね。
でも、pikoさんは大丈夫ですよ〜!
不安に思ってる分、ちゃんとココちゃんのことを見てるってことだし。
私もあんなちゃんのお蔭で気づいたことは今のくーみるにはしたいと思ってます。
まだまだなことも一杯あるんだろうけど、せめてこの時と同じようにならないように。
少しでも成長してる私をあんなちゃんに見てもらわないと!
pikoさん、優しいコメントありがとうございます。

yuttan
2008/02/13 11:19
お会いしたとき、お話して下さった子が、このあんなちゃんだったんですね・・・
なんてうちのすみれちゃんとそっくりでしょう。

あやめが今5歳でまだ産卵経験なしなので、もし出来たときは相当に注意しなくてはとおもうだけで、おろおろしちゃいます。

あんなちゃん、天国でyuttanさん一家をきっと見守っていてくれると思います。
一緒に過ごした時間は宝物ですね。
chisato
2008/02/13 12:04
chisatoさん、お帰りなさい。

そうなんです。この子です。
すみれちゃんとソックリですよね^^
性格は全く違ったと思うけど。
あんなちゃんは超オテンバさんでした!

以前chisatoさんがおっしゃってたように、6年間産卵してないから産道が固くなってたのかもしれないですね。
そんなことも知らずにいたから・・・

あやめちゃんのこと心配だけどchisatoさんが付いてれば大丈夫だと思います!
毎日ちゃんと見てあげてるから、chisatoさんなら気づくんじゃないかな?

あんなちゃんと一緒に過ごした時は本当に宝物で鮮明に覚えてるのに最期が分からないっていうのが情けなくって・・・
会った時はもう土の中・・・
いくら最期を想像しても分からないんですよ。

あんなちゃん天国で見守ってくれてるかな?
帰省した時にくーみるのことはお願いしたから、きっとお兄ちゃんと一緒に見守ってくれてますね☆

yuttan
2008/02/13 12:21
す、すごいっ(^-^;A 名前書くの忘れちゃったのに、あってます。「きっと」は、こなみでした。。失礼しました(^-^;
そうした。。汗
2008/02/14 14:20
よかった!やっぱりこなみさんだったんですね^^
わざわざありがとうございます♪
yuttan
2008/02/16 10:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あれから8年・・・ LOHASなくらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる