LOHASなくらし

アクセスカウンタ

zoom RSS ぴーちゃん何??

<<   作成日時 : 2008/05/27 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

くーみるネタはお休みして夢の話。

昨夜というか明方、変な夢を見て目が覚めた。
私が実家に帰省したら何故かもう亡くなってるぴーちゃんがまだ生きてた。
見るからに老鳥だったけど。
写真はないけど夢にはこのぴーちゃんとぴーちゃんより前に亡くなった青い子もいた。
実はこの子もぴーちゃん。
このノーマルの緑の子より前の子はみんなぴーちゃん

画像


緑のぴーちゃんは私が小学生の時にお迎えして高校生の時に亡くなった。
ぴーちゃんは手乗りではなく、ずっとケージの中で暮らした子。
今みたいに色んなご飯をあげたりすることもなく
シードとボレー粉と青菜とカトルボーンと塩土と水だけで一生を終えた。
さらに、私が小学生ってこともあって皮付きの方が良いのは知ってたけど
餌の量が分かりやすいようにむきえさをあげることもあった。
なのに10年近く生きた。
そういえば、温度管理もせず寒い時期は毛布をかけたりする程度だった。

もう1羽の青いぴーちゃんはすっごい自分でも信じられへんけど
いつ亡くなったのかさえ覚えてない。。。
小学生で買い始めておそらく数年で亡くなった。
写真も1枚も無い・・・
でも、当時私なりにこの子達を可愛いと思ってた。
この子達が可愛かったから鳥好きにもなった。
けど、お世話はかなり不十分・・・

大人になってから代々のぴーちゃんたちのことを思うと申し訳なくて・・・
きっとちゃんとお世話してたらもっと生きられただろう。。。
帰省する度にお墓の前で誤って。

だから、夢で帰省してぴーちゃんが生きてることに
ビックリしつつも「あれ?生きてたんや♪」ってうれしさで一杯になった。
2人とも横浜に連れて帰ってくーみると一緒に大切に育てよう♪って。
でも、夢の中で一夜あけたらぴーちゃんがケージにうずくまって
かなり危険な状態。
で、まず病院に電話しよう!
ここで夢やな〜って思うのが、電話した病院が何故か関西やのに
今くーみるが通ってる病院。
電話したら「予約制なので」って言われ、
「すごい危険な状態なんです!いつも○○先生に診てもらってるんで!」って
担当の先生の名前まで出して、
そしたら「先生に確認するのでちょっと待ってください」って言われて
返事を待ってるところで何故か怖くて目が覚めた。

一体何やったんやろ?
ぴーちゃんどうしたん??
何か言いたかったんかな・・・

今朝くーみるのカバーを取るのすっごいドキドキした。
でも元気やった。
夢の中の出来事を鮮明に覚えてるのがまた怖い・・・
ん〜、何やったんやろ???


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴーちゃん何か伝えたかったのでしょうね・・・
でもそんな夢を見たら私もカバーとるのがすっごい怖くなりそう。
そういう夢って何かありそうですよね。
ぴーちゃんの生まれ変わりがどこかで生まれたのかもしれませんね〜
そしてyuttanさんにまた生まれたよ〜って教えに来たのかも^ ^
人って生まれ変わっても人にしかなれないって言うから鳥さんも生まれ変わっても鳥さんなのでしょうか。
気になりますね。ぴーちゃんどうしたんでしょう??

私は最近明け方にシュシュたんがケージに入って出てこないから手を入れたら手にぼとぼとぼとっと何かが落ちたのでなんて巨大な○んち!と思って手を引いて見たら卵がいっぱい・・・という恐怖な夢を見ました(笑
やっぱりカバーとる時怖かったのは言うまでもないですが^ ^ ;
アニー
URL
2008/05/27 22:29
こんばんは。
不思議な夢ですね。
ぴーちゃんが何か伝えたかったのか、yuttanさんの「申し訳ない」と思う気持ちの表れなのか・・・部分的に妙にリアルな夢って目覚めてからもよく覚えてますよね。
人によっては過保護にしない方が長命というけど、私は今のままひたすら愛情を注ぐことが悪いとは思いません。
亡くした子のことでいっぱい後悔することもあるけど、それを教訓に今いる子達を大切に育てながら、旅立っていった子達のことを心に想う、それでいいんですよね?
WOODSTOCK
2008/05/27 23:09
ちゃんとお墓があるだけすごいなぁと思いました。
子どもの頃からいろんな動物を飼ってはきちんと世話をせずに…ということをやってきて、お墓もなく謝ることもなく…。
そのときのことがあるから子どもたちにはきちんと世話をするように言ってます。
今わたしの夢にでてくるとしたら、3月になくなったぐーたんかな。
今でもすごく後悔してます。
ひろまる
URL
2008/05/27 23:33
なぜか、変な夢とか嫌な夢を見た時は、夢の内容はよく覚えていますよね!
たまに、嬉しい夢なんかも見ますが・・・(*^_^*)

夢って、願望の現われだって聞いた事がありますよ
ぴーちゃんのこと、yuttanさんの中でもう一度会いたいとかという気持ちがどこかにあったのかも知れませんね!!

ひょっとしたら、くーみるちゃん
ぴーちゃんの生まれ変わりかもしれませんよ!
taketiichya
URL
2008/05/28 00:45
こんばんは
ぴーちゃん、何か言いたかったんですね。
yuttanさんの心の中に今も住んでるぴーちゃんが。
私も子供の頃から飼っていましたが、繁殖させてファミリーで飼っていることが多かったので、一羽一羽の思い出はさらに希薄です。

でも、yuttanさんもそうだと思いますが、彼らを飼っていてインコの可愛さにとりつかれて、それが今につながっているんだなぁと思います。

当時は今より飼い方もいい加減でしたし、ネットなんかないから他の飼い主さんとの交流もありませんでしたよね。
あ、でもご近所でインコを飼っている家は今より多かった気もするなぁ。結構みんな外で飼っていましたね。

私も延べで何羽も飼ってきましたが、一羽も「ぴーちゃん」がいなかったのは不思議かも(笑)。
Pipi
URL
2008/05/28 00:46
アニーさん、おはようございます!
ホント鮮明に覚えてるんですよ〜。
生まれ変わったお知らせだったらうれしいけど、何か違うような^^;
だって老鳥の姿やったし、具合悪くなったし。。。
人って生まれ変わっても人なんですか?
私、鳥になりたいのにな〜!

シュシュたんの夢は意外とありそうな話ですね〜^m^
たまごを目にするのも近いかもですよ♪
きっとアニーさんがピノシュシュちゃんの行く末を想像してるから見たのかな?
yuttan
2008/05/28 08:26
WOODSTOCKさん、おはようございます。
ぴーちゃんたちのことは忘れたことはないんですよ。
お世話も母が当時なりにしてくれてはいたんですけど、やっぱり今とは全然違いますね〜。
私がぴーちゃんたちにもくーみるみたいに過ごさせてあげたかったな〜って、いつも頭の片隅で思ってるから見たのかな?
夢で生きてた時、うれしさのあまりワクワクした感情まで鮮明に覚えてるんです。
でも、また容態悪くなっちゃって・・・
世の中そんなに甘くないよって言われた感じ。

鳥さんの育て方。
人それぞれですよね〜!
過保護にするかしないか。
私もどっちが良いっていうのはわかりません。
今は自分なりにお世話してるつもりだけど、いつかくーみるが亡くなった時今の育て方を反省するかもしれないし。
どっちにしても愛情をそそぐのは大切ですよね^^
あと、亡くなった子たちのことは絶対に忘れないようにしたいと思います。


yuttan
2008/05/28 08:37
ひろまるさん、おはようございます。
私が飼ってた動物って犬と鳥。
あとメダカとか鈴虫とか・・・
そうなんです。大体お世話しなくなっちゃうんですよね。
お迎えする時はする気満々なのに。
子供の悪いとこですね。
どうせお母さんがしてくれるし♪って^^;
で、お世話せずに遊ぶだけ。
でも、一緒に暮らしたことを後悔はしてないんですよ。
お世話も出来ないくせにって思う方もいると思うけど、子供の時に動物と暮らすことって大切な気がします。
お墓があるのは庭があるからかな?
ただ、今心配なのは両親がもう歳だし、今の家を売っちゃったらお墓がなくなってしまうってこと。
遠からずそうなるだろうな〜・・・
何か鳥さんを亡くした時のようにポカ〜ンとなりそうです^^;

ひろまるさんはぐーたんのことを思ってるからいつか出てくるかもしれないですね。
yuttan
2008/05/28 08:46
taketiichyaさん、おはようございます♪
夢って願望の現れ!?
確かに、代々のぴーちゃん達をもう一度育てなおしたいっていうのは常に思ってますね〜。
だからかな?

くーみるがぴーちゃんの生まれ変わり!?
そうかな〜♪
そうだとうれしい^^
yuttan
2008/05/28 08:49
Pipiさん、おはようございます♪
きっと何か言いたかったんでしょうね。
ずっと気になって×2。
私もずっと家にセキセイがいました。
私が飼いたくてお迎えした子は6羽。
でも、それより前にも数羽いたみたいです。
姉たちが飼ってたのかな??
私は小さすぎて記憶がない^^;

当時は本当に今と飼い方が全然違ってました。
それがいい加減とも思ってなくてそれが普通だった。
ネットはもちろん飼育本もそんなにないし、飼育本の内容さえ今思えば間違ってることも一杯!
でも確かにインコや文鳥を飼ってる家一杯でしたよね。
みんな外に吊り下げたり。
私が小学生の頃教室でも飼ってました。
もちろん飼育小屋にもいたし。
お水と餌さえ換えればOKみたいなとこあったから、動物飼うならまず小鳥からって感じだったのかな?

Pipiさん「ぴーちゃんがいなかったんですか@@!!
それってすごいことですよ〜♪
オチビの頭では鳥=ぴーちゃんです(笑)
びーちゃん1号・2号・3号・・・って^^;
yuttan
2008/05/28 09:04
yuttanさんおはようございます♪
ぴーちゃんの夢、何か伝えることがあったんじゃないか…そう思いたくなるのがよくわかります。
私も小学生の時に迷子のボタンインコを飼い、それ以来インコ好きになりました。
当時はやっぱりシードしか与えていませんでしたし、ボタンだからと麻の実をたっぷりと与えていたような覚えがあります。
今のように健康診断にも連れて行かず、時々当時のことを思い出して後悔することもあります。
過去に飼っていた子を思うと、十分に愛情を注いであげられたのか、飼い方が間違っていたんじゃないかといろいろ考えさせられます。
yuttanさんもきっとぴーちゃんに対して思い残すことがたくさんあるんでしょうね。
そんな想いが夢となって現れたのかしら?
yuttanさんがくーちゃんみるちゃんへ愛情を注ぐ姿をぴーちゃんはきっとお空から見ていると思いますよ。
そしてきっときっと微笑んでいると思います♪
りさら@
2008/05/28 10:36
りさら@さん、おはようございます♪
りさら@さんは迷子のボタンインコと暮らしてインコ好きになったんですね〜^^
私はこんな飼いかたをしてたくせに、好きになっちゃいました。
昔はペレットなんてなくてシードが主でしたよね。
選択肢はムキエサか皮付きかっていう程度で。
病院なんて本当に具合悪い時しか行かないし、行っても今みたいに鳥の病院があるわけでなく、大した治療も出来なかったし。
時代の流れもあるんでしょうけど、今思うとホント申し訳ないなって思います。

代々のぴーちゃん達には心残りが一杯ですね〜。
だからって毎日×2悔やんでるわけではないんですよ。
でも、夢に出てきてくれました。
ただ、夢の最後の姿がうずくまったところだったので、これまた心残りで・・・
くーみるのことは「見守っててね」ってお願いしてるから見てくれてるかな^^
yuttan
2008/05/29 11:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぴーちゃん何?? LOHASなくらし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる